読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ひっそり鰓呼吸

無軌道で無計画な徒然日記

「気を付ける」なんて死んでも信じない

よく聞く言葉だと思う。出かける子供に対して親が「気を付けていってらっしゃい」とか、段差のある道程を案内する時の「足元お気を付けくださいませ」とか。こうした、注意喚起の意味合いで発せられる「気を付ける」は、ともすれば無意識に無防備になりえるシチュエーションに対する警鐘だ。つまり気遣いの表れだ。

 それはまあ、いいのだ。

 僕が絶対に信じないと固く心に誓っているのは、何かを失敗した後同じ失敗を繰り返さない為に実行する対策としての「気を付ける」だ。

 「以後気を付けます」

 「今後は気を付けるようにいたします」

 「二度と繰り返さぬよう気を付けます」

 全部絶対嘘。これは「嘘をつこうとしている」と云いたいのでは勿論ない。その時は、同じ失敗を二度と繰り返したくないと感じている可能性は否定しない。

 しかし。

 もしも本当に二度目の失敗を繰り返したくないと思っているのだとしたら、その対策として選んだのが「気を付ける」などと云う曖昧な手段であるはずがない、と思うのだ。

 即ち、同じ失敗を二度と繰り返したくないとは、本気で思っていないと判定してイイと思っている。

 いやそんな事はない、本気で失敗したくないと思っているぞと反論されるかもしれない。しかしその程度の本気なら、思っていないのと同じだと云いたい。

 同じ失敗を二度繰り返さない為に必要な事は「気を付ける」のではなくて、具体的にコレまでとは違う、「気を付けなくてもイイ手段」を探す事だ。

 未来の自分は今の自分と地続きの、単なる延長線上の存在だ。たやすく「気を付ける」だけで失敗を繰り返さないのだとしたら、そもそもそんな失敗は発生していないはずだと思う。

 当然ながら、今までと明らかに違う対策を講じたところで必ず状況が是正されるとは限らない。もしかしたら悪化する事さえあるかもしれない。

 だが思考し、是正に向けて努力をしたその意思は信じる事が出来る。色々の条件が重なって失敗が繰り返されたとしても、信じようと思える。

 「明らかに今までとは違う対策」を考えようとしない人類を、僕は信用しない。■■