読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ひっそり鰓呼吸

無軌道で無計画な徒然日記

非オトナ達が楽チンを運んでくる

オトナとは何だろうか。法律上の大人は20歳であるがこれは当てにならない。未成年でも充分に大人っぽい奴は居るし、40歳になっても子供っぽい奴はいる。何を持って大人と認めているのだろうか。これは人それぞれに漠然とした定義を持っている事だろう。僕の定義はこうである。

 自分の行動に責任を持てるか否か。責任を持てるのがオトナ。持てないまたは持つ力が無いのが子供。行動には発言も勿論含まれる。

 自分の行動に責任を持つと、計画性や慎重さが必要になってくる。そう云った「あるべき姿」に近づいている状態をもって「オトナである」と認めているような気がする。

 さて世間に生息する年齢的には大人になっている非オトナの人々は、無自覚に他人に迷惑をかけがちだ。自分は思慮深い、自分は責任感がある、自分はオトナである、と思っているのだから自分の行動がまさか子供っぽいだとか稚拙だとか、そう云う方向への想像は全くしていない。

 いわゆる「老害」などと云う言葉を持ち出すまでもなく、世界は非オトナ達で溢れかえっている。会社組織など、大筋で一致した目的を共有している集団においては、この非オトナ達によって日々面倒事が量産されている。

 僕はオトナかと云われれば、何方の場合もある、と云える。自分が気づき難い部分はやはり厳然と存在しているし、得意で気が回りやすい方面もある。自分の行動に責任を持つ、と云う意味においては25歳くらいから段々出来るようになって、30代後半には出来るようになった、と思っている。

 こればかりは確認の仕様がないので自己申告するしかない。少なくともそうありたいとは思っているのだ。

 では僕の考えは「非オトナの存在が最低だ」とか「非オトナ達によって引き起こされる面倒事はもううんざりだ」と云う方向に向かっているかと云うとさにあらず。むしろラクチン材料だと感じている。

 つまり。

 非オトナ達の手によって量産される面倒事を解消すると云うタスクは、彼等自身から切り離され、第三者の手によって是正されるケースが多い。この役割は一見面倒で汚れ仕事のように思われがちだが、一概にそうとは云えないと思うのだ。

 物事を交通整理して、情報やヒト、モノ、カネ、の流れを円滑にする、と云う行為は、多くの場面で歓迎される事が多く、しかし実際にヤる事そのものは実に平易だ。つまり誰でも出来る事だ。

 ココが最大のポイントで、誰でも出来る事なのに不当に高い付加価値が与えられているのだ。そしてその事に気が付いている人はまーまー少ない。

 僕は物凄い努力家ではないし、むしろ同じ結果に到達するのなら可能な限り少ない手数で乗り切りたいと強く思う怠け者だ。

 それであるが故に、気が付いた側の人類になれた、と思っている。

 だから今は、まーまー感謝されるようなタスクをこなしながら、楽チンだなーと感じている。非オトナ達が、一般的に面倒事だと思われている意地の張り合いなんかをしてくれる度に、僕は楽チンなタスクがまた増えたなあと感じるのだ。■■