ひっそり鰓呼吸

無軌道で無計画な徒然日記

デザイナと呼ばれている人々との不毛な戦い

デザインについてあれやこれやと考える。ユーザビリティとか無視したい、なんて衝動にかられるがそんな事をして一番心残りになるのは自分だと知っているので、やれやれと云った気分で思考を巡らせる。

 そも、デザインとは設計、機能美、の事だ。ゲームクリエイトに限って云えば、機能の要求に従ってビジュアルな導きをユーザに提供する事。

 デザイナは人の気持ちを大いに想像出来る事が必須だ。自分が表現したいモノがありその優先度を高めたいのなら、デザイナではなくアーティストになってくれ。

 幾度となく繰り返される「個人的にはコチラが好き」的主張と戦うのは、もううんざりだ……。お前の「好き」が価値あるものなら、その案を採用してもいいだろう。それならそれで、お前の「好き」が持つ価値を証明する努力をしろ。

 その努力や主張を示さないのなら、どうでもいいお前の「好き」はとっとと捨てろ。他人に共有するのは時間の無駄だ。そのアイデアはゴミだ。

 頼むから、個人の好き嫌いを仕事に持ち込むな。少なくともプロなら、プロらしい思考のプロセスを経て、自らの好みを反映させる程度の事はやってくれ。まじで頼みます。■■